研究室紹介 introduction

研究分野

★構造工学、構造デザイン工学、鉄筋コンクリート工学、建設材料学、維持管理工学
 構造デザイン研究室では公共交通を支えるために重要となる交通施設構造物を研究対象として、構造工学や維持管理工学の視点、ならびに構造とデザインを融合した構造デザイン工学の視点から研究を行います。
 交通インフラの新たな建設、膨大な数の交通インフラの機能維持などに関する諸問題を解決するために、主に工学的材料である『コンクリート』を研究対象として、構造工学や維持管理工学に関するテーマ、構造デザイン工学に関するテーマを設定し研究に取り組みます。


研究室

アクセス
住所:千葉県船橋市習志野台7-24-1 船橋校舎7号館7110室
東葉高速鉄道線「船橋日大前」駅を出て、すぐに校舎正門があります。正門を入って直進します。交通総合試験路(滑走路)を横切った後、13号館、14号館を右に見ながら進んで、14号館の隣に7号館があります。7号館入口から2番目の研究室(1階)となります。


研究室
 学生スペースでは、主にデータ整理、文献調査、論文執筆、発表資料の作成などを行います。1班に1台以上、パソコンが用意されます。デジカメやデジタルビデオカメラなど、実験中の記録用機器も複数台ございます。
 ポット、冷蔵庫、電子レンジ、空気清浄機、加湿器など、快適に過ごす環境が準備されています。長期実験の休息や気分転換のためにも役立っています。

実験室
実験室は、7号館地下にあります。

主な活動内容

研究
大学院生、学部卒研生、ゼミナール生それぞれが、各レベルに応じて研究と実験を行います。各自で創意工夫して積極的に研究を進めます。
研究に勤しむ環境が備わっており、実験機器や装置が必要な場合は出来る限り希望に応じ、研究遂行を支援いたします。

学会論文発表

大学院生は、研究成果を学会にて発表します。学部卒研生のうち、希望者は学術講演会で発表します。

卒研ゼミ
学部卒研生以上の研究室全メンバーで、毎週1回、ゼミを行っています。
大学院生、学部卒研生は、研究の進捗状況を各自スライドや資料に基づいて発表し、活発な議論が行われます。
そのほか、最近の研究トピックスや学会論文の発表などを行い、意見交換を行います。教員が発表することも少なくありません。

課外ゼミ
夏のゼミでは、ゼミナール生以上の研究室全メンバーで、2泊3日の楽しいゼミ旅行が開催されます。旅行中、勉強面では、研究の中間発表会、交通施設構造物や博物館などの見学会が行われます。リクリエーションとして、観光、バーベキュー、懇親会などを行い、ゼミの交流を深めます。
また、現場見学や現地調査にも出かけ、実際の現象から見聞を広め、知見を得て、学習します。

節目のイベント
新歓懇親会、忘年会鍋パーティー、修論・卒研お疲れさん会、修論卒研引継ぎ会&意見交換会など、節目ごとにイベントが行われます。

卒業生訪問と講演
卒業生が訪問され、職場で取り組んでいるプロジェクトの講演、最近の仕事内容、現役学生へのメッセージなどを聴く機会が少なくありません。ぶらりと訪ねられる卒業生も多いです。

その他
船橋日大前のクリスマスイルミネーションの飾りつけを全員で行っています。